東大阪で高性能住宅、リフォームをおこなう一級建築士事務所工務店

家づくりメルマガ無料配信中!!

内窓を取り付けてみました!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

結露と窓の冷気とカビに悩まされる季節がやってまいりました!!

私の家でも、もの凄い結露で畳やカーテン、壁にカビが生えて困っていました。

 

しかーし、サッシの内側に「内窓」を取り付けることで結露をほぼ無くすことが

できます。

そして、外からの熱は伝わりにくくなり、窓前の冷気の削減、防音効果も向上します。

お客様にもオススメする為にも、自分の家に取り付けました。

 

設置した翌朝、ドキドキしながらカーテンを開けました。

結露なしです!!妻と大喜びしました。

そして、私には2歳の息子がいます。

息子の健康を考えると結露が発生することがとても嫌でした。

なぜなら、結露する→ガビが生える→胞子を飛ばす→アレルギーの原因→健康への影響

という、結露からの健康被害があることを知っていたからです。

これで、すこしでも健康な空間になればいいなと思います。

 

そして、「内窓」を設置してどう変わったかを

2室隣合わせの内窓ある部屋、ない部屋で実験してみました。

 

外気温が9.2℃

 

一日中人がいてない状態の窓前の室温16.8℃(内窓無し)

 

一日中人がいてない状態の窓前の室温18.1℃(内窓有り)

 

内窓を設置していない窓の表面温度は15.6℃

 

内窓を設置した窓の表面温度は18.4℃

窓前の温度は、内窓がある方が1.3℃程高く

窓の表面温度は、内窓がある方が2.8℃程高いという事がわかりました。

 

私が暮らしていて思うのは、感覚的にすこし温かくなったと思います。

 

この冬、結露や寒さにお悩みの方は「内窓」やってみてはどうでしょうか!

 

 

 

 

 

東大阪で健康・快適リフォームの設計施工をおこなうアティックワークス。

「未来に繋がる住まい」を提案しています

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です